• ホーム
  • フィナステリドの相棒、ミノキシジル

フィナステリドの相棒、ミノキシジル

髪に悩んでいる男性

AGA治療で用いられる飲み薬にはいくつかの種類がありますが、最も基本とされるのはフィナステリドです。
この薬の効果は抜け毛予防であり、継続的に服用することによって髪の毛が抜けるのに対して未然の予防をすることができます。
抜け毛が多いことによる薄毛の問題を解決するために役立ちます。

特に遺伝的な要因による男性ホルモンの影響による抜け毛については、このフィナステリドによって改善させることが期待できます。
ただ、このフィナステリドだけでは抜け毛予防はできますが発毛効果を期待することができるものではありません。
そのため発毛効果を補完するための薬としてミノキシジルが併用されることが少なくありません。

ミノキシジルはフィナステリドとは異なり髪の毛を育毛する効果に加えて発毛させる効果を持っている薬なのです。
これらを適切なタイミングで使用することにより効果を期待することができるのです。
これらの薬は副作用が強く出ると言う性質を持っていますので、個人の判断で自由に購入することができる種類の薬ではありません。

医師の処方により購入することができる処方薬に指定されているものですので、専門の医師と相談をしながら陥ることになるのが一般的です。
継続的に使用することによって効果を期待することができるという特徴がありますので、上手に活用するのが良いでしょう。
医師の判断にもよりますが、フィナステリドとミノキシジルを併用することにより、より効果的な成果を出すことが期待できる場合が少なくないためこれらの薬はペアで活用されることも少なくありません。

飲み合わせによる副作用もありませんので併用することができると言うのが魅力になっています。
もちろん副作用がないわけではありませんので、使いながら医師が調整していく必要があります。
そのため病院に通わなければ処方してもらうことができない薬に指定されているという特徴があります。
本気で改善を希望するのであれば専門の医療機関を受診するようにしましょう。

ミノキシジルは女性にも効果ある?

AGA治療では抜け毛予防の効果があり、未然の予防ができるフィナステリドと育毛や発毛効果を補完できるミノキシジルを併用することが少なくありません。
これらを適切なタイミングで使用すると効果が期待できます。
しかし、男性ホルモンが影響する抜け毛を改善するフィナステリドは男性ホルモンが少なく、原因の異なる女性の薄毛に効果がありません。

ミノキシジルは血管を拡張するなどの作用で血流を良くして発毛が改善する薬であり、男性ホルモンの関係しない原理なので女性が使った場合でも効果が期待できます。
ただし、男性が使用する場合とは異なり、女性は副作用の関係から外用薬だけにした方が良いでしょう。

ミノキシジルは外用薬であれば発毛効果を塗布した頭皮に限定できますが、内服薬では成分が全身に回ってしまうため、全身で多毛の症状が現れる副作用があります。
男性であれば少し毛深くなってもあまり気になりませんが、女性はコンプレックスになってしまうので使わない方が良いです。

多毛になっても良い場合でも、妊婦や授乳中の女性は安全面で利用を避けた方が良いでしょう。
外用薬であれば吸収される量は僅かであるため胎児への影響は少ないと考えられますが、安全性が立証されていません。
授乳中の場合には母乳に成分が含まれてしまう懸念があります。
また、外用薬は指で触れるため、使用後に手を十分に洗っていないと残った成分が子供の口に入ってしまう恐れがあります。

ミノキシジルが子供に影響しないとする意見もありますが、これは男性が使用したときに間接的に与える影響の話であり、女性が直接使用した場合のものではありません。
ミノキシジルを含んだ外用薬の中には、妊婦や授乳中の利用を禁止しているものもあるため、できればこの期間は使わない方が良いでしょう。