• ホーム
  • 現代の様々な薄毛、抜け毛の治療技術

現代の様々な薄毛、抜け毛の治療技術

AGAの治療方法は、それぞれのお悩みや症状に応じて治療法を選択することができます。
特に、現代の医療機関で行っているAGA治療は、服薬治療だけではなく高度な技術で対応しています。
具体的に、自分自身が持っている再生機能を活かした毛髪再生医療があります。
これは、再生医学に基づいて髪の毛を再生させるために必要な成長因子を頭皮へ注入し元気な毛髪を再生させる治療法です。
この毛髪再生医療は、使用する薬剤によっていくつかに分類されており、現在も研究が進められており日々進歩している治療法のひとつです。

ですから、従来の薬剤では効果がでなかったり、体質に合わず薬が使用できなかった方には画期的な治療法です。
加齢などが原因で頭皮のコラーゲン不足が大きく関与している薄毛には、頭皮のコラーゲンの生産能力を高める赤色LEDによる治療が施されます。
この遠赤外線を利用した治療は、エネルギー自体は強力ではなくお肌がほんのりと温かくなる程度ですから、お肌を傷めたり火傷をする心配がない安全性が高い治療法です。
このような赤色LEDや低出力レーザーの薄毛改善効果は日本皮膚科学会でも認められています。

近年では、化粧品や育毛剤に配合されている炭素で構成されているフラーレンという物質を使用した治療法も注目されています。
このフラーレンは、肌組織や毛母細胞の活性化だけではなく抗酸化作用がありますので、皮脂の酸化を防いで頭皮の環境を整える効果が期待できます。

また、フラーレンは持続力が特徴的で、継続して使うことで頭皮のバリア機能が向上し頭皮が強くなります。
このはたらきによって元気な肌細胞が形成され、髪の毛にも栄養を効率よく誘導することができます。
フラーレンは、近年開発された物質で国内外で安全性が確認されており、目立った副作用は報告されていませんので、美容外科クリニックや皮膚科、化粧品や育毛剤などで幅広く使用されています。

アデランスの研究開発

AGAの悩みにアプローチする方法は多様になっています。
アデランスの研究開発ではこれまでとは違った角度から考えることで育毛につながる治療方法を検討しています。
皮膚科で行われてきたレーザー治療をヒントとして導き出されたのが赤色LEDを髪に照射するという発想です。

再生医学はこれまでの積み重ねで技術を高めるだけでなく新たな発想から進歩を続けています。
フラーレンも発見されなければ抗酸化力を生かした治療に使われることがなかったわけです。
炭素だけでできている分子はダイヤモンドとカーボンだけだという考え方にとらわれなかった学者がいなければフラーレンの存在にも気づけないままになっていた可能性があります。

一つの結果が得られても研究をそこでやめずに続けて行われることにも大きな意味があります。
赤色LEDによる毛母細胞活性化の仕組みが照射された部分にいくつかの細胞増殖因子が誘導されてきておこるということも、育毛だけでなくほかの部位の再生医学でも役立つことが考えられます。
AGA以外の分野でも期待がもたれている治療法です。

レーザーはダメージを受けて熱や痛みを感じることもあります。
しかし、LEDライトは家電などでも利用されているほど安全性が高く、副作用についてもいまだ報告されていないため肌の弱い人でも効率的なAGA治療が行える可能性が高まっています。

これまで行われてきた治療と複合的に取り入れることで様々な細胞の活性化へ導き、さらなる効果の高まりが期待できるため、アデランスの研究開発では各専門分野のドクターと提携しています。
毛包再生医療の進展につなげるため毛包細胞を培養して増殖させた後に移植を行う研究もされて、毛周期が不活な部分を手術により回復させられる可能性も出てきています。