• ホーム
  • 白髪を改善するためには何をしたらいい?

白髪を改善するためには何をしたらいい?

白髪を改善するために抜くなどの行為はご法度です。
ついつい白髪増える恐怖からその場所を抜いてしまう選択を安易にしてしまいがちですが無理に抜くことで予期せぬ事態のトラブルを招く可能性もあります。
抜くことで頭皮の毛穴周辺の皮膚や毛細血管を傷つけてしまう恐れがあります。
これにより頭皮の炎症トラブルが発生し、毛嚢炎などのトラブルにもつながる危険性がありますので、絶対に抜く行為はしないようにしましょう。

そもそも白髪になってしまう過程はメラノサイトの働きが弱まってしまうことで引き起こされます。
このメラノサイトの働きが低下することで髪に色を与える役割をもつメラニン色素が作り出せなくなります。
気になる白髪を見つけてしまったときの対処方法として最適な方法は外側からのケアとあわせて内側からのケアが大切です。

外側からのケアとして白髪対策に最適なのは市販でも販売されている白髪染めです。
白髪染めアイテムなど気になる部分を隠してくれるアイテムが重宝します。
またハーブシャンプーは色素のあるシャンプーですので、使用を継続することで色素が白髪に入り自然と白髪を目立たなくしてくれる嬉しい働きを得ることが期待できるのでおすすめです。

内側からのケアは体調管理です。
なかでも毎日の食生活を見直すことは白髪対策だけでなく、ハゲない、内臓を健康にするなどあらゆる面に作用してくれ、美容効果や健康効果まで幅広く素晴らしい働きをしてくれます。
食生活の見直しとしては栄養素の見直しが必要です。
炭水化物である糖質に加え、タンパク質や脂質、ミネラルやビタミン、食物繊維を十分に取り入れているかチェックします。
これらの栄養成分は五大栄養素と言われるほど必要不可欠な栄養素です。

またメラノサイトの働きが活発になるのに役立つ栄養素がヨードであり海藻類や魚介類が当てはまります。
海苔や昆布、わかめやひじき、イワシやカツオ、ブリやサバなどがあげられます。
たんぱく質の多い大豆食品などと一緒に調理し和食の代表格である煮物や焼き魚などの調理で簡単に食べることができます。
逆に糖質の取りすぎは避け甘いお菓子などを多く摂取する場合は気を付けましょう。

白髪が生える場所で何がわかる?

年齢を重ねると少しずつ白髪が生えてきますが、部分的にまとまって白髪が生えている、急に白髪が増えた場合はストレスが原因である可能性が高いです。
というのも、髪の毛に黒い色を付ける働きがあるメラノサイトはストレスにとても弱いからです。
仕事や人間関係などで常にストレスに晒されると、メラノサイトが正常な活動をせず、メラニンが十分に分泌されなくなります。
よって、髪の毛に色素を付ける事ができずに白髪になってしまうというわけです。

それと、白髪の生える場所は人それぞれで、全体的に生える場合、部分的に生える場合と色々です。
実は加齢が原因の場合は全体的に白髪が見られる事が多いですが、一部分に固まっている場合は体調に異変が起きている可能性があります。

生える箇所によって異変の部位は異なるのですが、たとえば頭頂部に白髪がある場合は消化不良や胃潰瘍などの胃の病気の疑いがあります。
さらに、頭頂部の左側は肝臓などの病気、頭頂部の右側は腎臓の病気、つむじは肺や心臓などの病気が原因と考えられます。
また、前頭部が痔や便秘などの肛門の病気、額やこめかみに白髪が生えたら目の疲れ、耳のまわりが虫歯や歯肉炎・歯槽膿漏など歯や歯茎の不調、後頭部が生理不順・不妊などが考えられます。

白髪を発見すると、増えることや目立つことに恐怖を覚えてついつい抜くことを選んでしまいがちです。
ただずっと抜き続けると頭皮にダメージを与えてハゲてしまう恐れがあります。
ハゲないように白髪をケアするには白髪染めも有効ですが、その他にも不調の内臓に必要な栄養をきちんと摂取する事が大事です。
なので、たとえば、胃腸が悪い場合は味噌、納豆、豆腐などの食品、肝臓が悪い場合はビタミンA・C、亜鉛などがたっぷり入った食品を摂取すると良いです。