• ホーム
  • 知らなかった!カビが原因の脱毛

知らなかった!カビが原因の脱毛

髪に悩む男性

髪が抜けてしまう原因には様々な要因があります。
なかでも「カビ」が引き金となって脱毛を起こすケースがあります。
脂漏性皮膚炎や頭部白癬という脱毛症です。脂漏性皮膚炎は誰の頭皮や肌にもいる、マラセチア菌というカビの1種が異常に増殖する事で発症します。
頭部白癬は頭に発症する水虫の事で、白癬菌というカビが原因です。

脂漏性皮膚炎の場合、頭皮に赤みや痒み、ふけといった症状が現れます。
症状が悪化すると髪の毛が抜けてしまうケースもあるようです。頭部白癬もふけが増える、患部が赤く腫れる、痒みが出るといった症状を起こします。
やはり症状が広がっていくと広範囲に髪が抜ける要因となります。

このようにカビが原因となって、髪が抜けてしまう事もあるのでふけが増えた、痒みがあるといった症状を感じる場合は、脂漏性皮膚炎や頭部白癬を疑ってみましょう。
もしカビが原因で頭皮にトラブルが起こっている場合、早めに治療を開始する事をおすすめします。
皮膚科ではケトコナゾールという外用薬で治療する方法が一般的です。

ケトコナゾールは真菌、いわゆるカビを死滅させる効果があります。
症状が出ている部分に塗り込む事によって、カビを撃退し脂漏性皮膚炎や頭皮白癬を治療していきます。
ただ、治療だけでなく日頃からカビを繁殖させないよう、対策する事も必要です。

脂漏性皮膚炎の場合、シャンプーを変えてみることをおすすめします。
抗菌薬が含まれているシャンプーを使えば、原因となるカビの繁殖を抑える事ができます。

また洗浄力がマイルドな成分なアミノ酸系のものに変てみてもいいでしょう。
頭皮の皮脂分泌が過剰になると、マラセチア菌も増えやすい傾向にあります。
脂っこい食事を避けて栄養バランスの整った食事を心がける事も大切です。

頭皮白癬の場合、頭皮が蒸れていると原因菌の白癬菌が活発になり、発症するリスクが高まります。
帽子をかぶる時は通気性の良いものにするなどして、頭皮ができるだけ蒸れないよう対策しましょう。

カビが原因の病気がある?

カビは何らかの原因により人体で繁殖すると、様々な病気を引き起こす可能性があります。
繁殖した部位によって症状が異なることがあり、頭皮で特定のカビが増えると脱毛症となり薄毛や抜け毛が症状として現れます。
カビが原因の脱毛症としては、マラセチアによる脂漏性皮膚炎、白癬菌による頭部白癬が代表的です。

脂漏性皮膚炎の原因は、常在菌の一種マラセチアというカビが原因と考えられています。
常在菌のため、頭皮が健康で清潔な状態ならば問題ありませんが、マラセチアは皮脂を好むため、皮脂が増加することで増殖へとつながります。
マラセチアが好む皮脂は、脂っこい食事を多く摂取する機会が多い人や、ストレスや睡眠不足などで一時的に体調に変化が現れた場合に多く分泌されるのが特徴です。
また、体質として元々頭皮の皮脂分泌が多い人、頭皮を洗う回数が少なく頭皮環境が不衛生な人も注意が必要です。
症状には炎症やかゆみ、通常より大きく脂っぽいふけが現れ、次第に脱毛へと進行していきます。

白癬菌は、水虫などの原因となるカビの一種で、足ではなく頭皮に感染すると頭部白癬になります。
症状は頭皮のかゆみに加え、白く乾燥したふけが多く見られるようになるのが特徴です。
早期に対応しないと、脱毛を引き起こす原因となります。

カビが原因の治療では、主に抗真菌薬を使って原因菌を殺菌する必要があります。
治療で多く用いられるケトコナゾールは、頭部白癬と脂漏性皮膚炎の両方に効果的です。
症状が改善しても、カビは皮膚の奥深くまで根を張っている可能性があるので、ケトコナゾールを使う場合は指示された期間、きちんと治療を続けるようにしましょう。
また、頭皮を清潔に保つためのシャンプーや、菌の好む高温多湿の環境にしないよう頭皮が蒸れるような状況を避けるのも大切です。