• ホーム
  • AGA治療薬の代表作、プロペシアとロゲイン

AGA治療薬の代表作、プロペシアとロゲイン

髪に落ち込んでいる男性

成人男性の5人に1人はAGAに悩んでいるといわれる現代社会だからこそ、さまざまなAGA治療薬があります。
ドラッグストアなどにも育毛剤はたくさん並んでいるでしょう。
ただし、日本で医薬品として育毛効果が認められている成分は2つだけしかありません。
ロゲインとプロペシアはそれぞれ、その成分を含むことから、AGA治療薬として本当に効果を発揮してくれるのです。

その一方で、医薬品だからこそ、病院で処方してもらうようにしましょう。
面倒ではあるものの、使用することで悩みを解消することができるのです。
もちろん、他の育毛剤などでも頭皮環境を整えることができることから、効果が実感できる方はいます。

これらの薬ですが、内服薬と塗布タイプで剤形は異なります。
そのため併用することも可能です。身体の内側と外側からアプローチするのです。
AGA治療の専門医もすすめるおすすめの方法です。

ただし、2種類の薬を使用するとなると心配なのが価格の面でしょう。2倍の費用がかかるのは苦しいものです。
それならジェネリック医薬品がおすすめです。
後発医薬品であるジェネリックは開発費や広告宣伝費がかからない分、新薬と違い安いお値段で手に入るのです。
それでいて有効成分は同じため、効果効能は同じように得ることができます。
プロペシアジェネリックのエフペシアなどが有名です。

フィンペシアやエフペシアですが、日本では未承認の薬です。
そのため、ドラッグストアや薬局はもちろん、Amazonや楽天でも購入することはできません。
エフペシアやフィンペシアは通販で海外の品を手に入れるようにしましょう。
面倒な手続きはすべて代行業者がやってくれるので通販ショッピングのような感覚で手軽に購入できます。

ただし、前立腺肥大など副作用もある薬です。
信頼できるところから手に入れ、用法容量を守って使用しないと、副作用の危険性は高まります。
何かあっても自己責任です。

ジェネリック医薬品が安い理由って?

AGA治療薬のプロペシアやロゲインにはジェネリック医薬品が存在します。
いわゆる後発医薬品というもので、プロペシアなどと比較すると安価に購入できるのが特徴です。
したがって、例えばプロペシアのジェネリック医薬品でもあるフィンペシアやエフペシアなどを選択すれば、従来の治療よりもリーズナブルに回復を目指すことができます。

なぜジェネリック医薬品は価格が安いのかという理由ですが、これは膨大な研究開発費が掛かっていないからです。
プロペシアやロゲインの先発医薬品を初めて誕生させる際には、巨額の費用が掛けられていますので販売価格も高まってしまう一方、後発医薬品の場合はそれらのコストが格段に安く済んでいます。
言わばコピー商品のように作られた医薬品ですから販売も安価に行うことができ、ユーザーも少ない負担で治療ができるのです。

主成分は同じですのでAGA治療薬として使えるのはもちろんのこと、プロペシアなら前立腺肥大の改善効果も見られる可能性があるでしょう。
しかしそれは副作用も同じく出ることを意味しますので、後発医薬品でも安全性には十分留意しなければいけません。

先発医薬品と後発医薬品とでは価格に大きな違いがありますが、どの程度安く済むのかと言えば大体3分の1ほどの価格帯で売られています。
逆に言えばプロペシアやロゲインは3倍も高い価格で売られているため、いかにコストが違ってくるのか窺い知ることができるでしょう。
なお、通販で気軽且つ安価に購入できるからと、使用に際して注意が疎かにならないように気を付ける必要があります。
ジェネリック医薬品と言えども医薬品には相違ないため、使用に伴うリスクに関して万全の姿勢で活用するのが鉄則です。